アレルナイトプラス 危険

アレルナイトプラスは危険?

 

デリケートな肌だからこそアレルナイトプラスの購入を考えている所にもしも副作用などの危険性のあるものだったら困りますね。アレルナイトプラスの購入を考えている方は副作用や危険の有無をご自身でしっかりと理解したうえでの購入をおすすめしたいと思います。

 

まずアレルナイトプラスについてですが、アレルナイトは植物性ラクトバチルス乳酸菌が1本に1000億個入っていて、他にもハーブギャバ等が6種類、ビオチン、ビタミンB群7種類が入っていて、夜寝る前に水で飲むことで敏感肌の方の就寝中のかきむしりなどの対策に有効というものです。

 

このアレルプラスは顆粒のみの商品なんですが、顆粒にこだわった理由はカプセルにしても錠剤にしても体にとって必要成分ではないという事で、無駄なものを出来るだけ排除した商品を作りたかったという理由から顆粒のみで製造販売する事になりました。

 

 

では肝心なアレルナイトプラスの副作用や危険の有無についてのご紹介です。

 

アレルナイトプラスはアレルギー特定原材料27品目は一切使用していませんが、食物アレルギーのある方にとって絶対安全かというとまた少し違って来るので、原材料を確認した上で飲んでください。

 

基本的には健康食品なので危険な成分は含まれておらず心配は大丈夫ですが、万が一のことを考えて妊娠中や食物アレルギーなど心配な方は医師や薬剤師へ飲んでも良いのか相談した上で飲むようにしてください。

 

アレルナイトプラスは10歳未満の子供には無理に飲ませないでください。
理由はビタミンB6の含有量が1日の国の規定食事摂取基準よりも多くなっているためなので10歳以上であれば大丈夫です。

 

ビタミンB6の量が多いので尿が黄色くなる場合がありますが、必要量のビタミンが身体に吸収されてその他の余分なビタミンB6が排出されているだけなので大丈夫です。

 

製品についてや副作用や危険の有無についてお話してきましたが、初期段階の原材料や製法に危険があっては話になりませんね。

 

まずは原材料についてですが、植物性ラクトバチルス乳酸菌が1本に1000億個入っています。

 

アレルナイトプラスのその他の内容は、ラフマ葉抽出物、アミノ酸で知られているギャバ、グリシン、クワンソウエキス、バレリアナ根抽出物、アメリカンジンセンエキス、ビタミンB群の1種のビオチン、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、ビタミンB群の1種とカルシウムが合体したバントテン酸Ca、葉酸でとにかくビタミンが多い事が分かります。

 

色々成分が入っている中でもビオチンは重要な成分でビオチンが不足すると様々な不調を起こすという事で近年専門家の間で注目されている成分です。

 

ちなみにグレープフルーツ味となってはいますが、グレープフルーツ成分は入っていません。

 

次にアレルナイトケアの製法についてですが、安心安全な国内工場で品質管理も徹底したうえで製造しているので問題はなさそうです。

 

アレルナイトプラスについてや副作用の危険性をお話しましたが、特に危険性はないので安心して飲むことが出来るようです。
アレルナイトプラスは日々悩まされていたデリケート肌対策にふさわしい内容のサプリと言えるでしょう。
但し食物アレルギーの方は原材料を調べてから服用する事、10歳未満の子供には無理に飲ませないようする事のふたつには十分注意してください。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら