アレルナイトプラス 飲み方

アレルナイトプラスの飲み方のポイント

 

1日1回飲むだけで、乾燥肌やアトピーのつらいかゆみに効いてくれる話題のサプリメント「アレルナイトプラス」。

 

飲み方は簡単ですが、より確実に効果を感じるためには、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

 

アレルナイトプラスは適温で飲みましょう

 

寝ている間のかゆみに悩まされない快適な毎日を手に入れるために、チェックしておきましょう。まず、アレルナイトプラスはどんな飲み物で服用すればよいでしょうか。
これはシンプルに「水」で飲むのが簡単です。粉薬を飲むように、口に水を含んでから顆粒状のアレルナイトプラスを流し込み、一緒に飲みこみましょう。

 

なお「水ではグレープフルーツ味特有の苦味を感じて飲みづらい」というときは、紅茶や炭酸水に混ぜたり、ヨーグルトやゼリーにかけて飲むこともできます
ここで注意したいのは、水や紅茶といった飲み物の「温度」です。

 

アレルナイトプラスの大切な有効成分である「植物性ラクトバチルス乳酸菌」は、40度前後で最も活性化し、それより高温になると徐々に活動が低下、60度では30分ほどで死滅します。
100度になると数秒で完全に殺菌されてしまうとのこと。ですから、熱いお湯などで飲むのはせっかくの乳酸菌を殺してしまうことになり、よくありません。

 

またあまりに冷たい水で飲むのも、乳酸菌の活動を鈍らせてしまいますから、少しもったいない飲み方といえます。
せっかくの有効成分ですから、最大限に効いて欲しいですね。アレルナイトプラスを服用するときの飲み物は「常温前後」がよい、と考えておくのがよいでしょう。

 

アレルナイトプラスを飲むタイミング

 

次に、アレルナイトプラスを飲む時間はいつがよいでしょうか。結論をいえば「いつでも飲めるが、夜が最もよい」です。
基本的に医薬品ではなく健康食品なので「絶対に決められた時間に飲まなければいけない」ということはありません。

 

ですが、アレルナイトプラスは「夜眠っている間のかゆみを抑える」というコンセプトのもとに作られたサプリです。
かゆみを抑える成分や肌の再生を助ける成分のほかに、「快適な眠りに導く」ための成分として、ギャバやラフマ葉抽出物、グリシン、といった成分がバランスよく配合されています。

 

これらの効果を充分に感じるためには、夜寝る前に飲むのがよいでしょう。

 

 

そして最後にいちばん大事なこと、それは「じっくりと気長に続けること」です。先にも述べたように、アレルナイトプラスは医薬品ではありませんから、ステロイド軟膏などのようにすぐに効果が出ることを期待するのは間違いなのです。
最低でも3ヶ月程度、毎日様子を見ながら飲み続けてみましょう。

 

>>アレルナイトプラス公式サイトはこちら