アトピー 対策

食事改善でアトピー対策

アトピー性皮膚炎でお困りの方や親御さんは、必ずアトピーを克服したい、克服させてあげたいと願っています。

 

この様なお悩みを抱えておられる方は日本に沢山おられるのが現状です。今回は食事改善について解説させて頂き、皆さんのお力になれる様に、書かせて頂きます。

 

まずアトピー性皮膚炎の患者さんの特徴として、「消化器系が弱い」「代謝が悪い」「免疫力が低い」などがあります。必ずしもアトピー性皮膚炎の患者さん全員が当てはまるわけではありません。

 

この様な体質を改善する事によってアトピー性皮膚炎は快方に向かいます。では何を食べればいいのか?となるのですが、基本的には和食がオススメです。

 

理由は栄養バランスに優れており、アトピー性皮膚炎に良いとされる食べ物が沢山あるからです。アトピー性皮膚炎の方は「タンパク質」「ビタミンB群」「鉄分」「葉酸」などが良いと言われております。

 

そこで筆者がオススメしたいのはレバニラ炒めです。レバーには豊富な鉄分が含まれております。しかしレバーは人によっては好き嫌いが大きく別れると思うので、その場合は赤身のお肉などから鉄分を摂取する様にして下さい。

 

ほうれん草のお浸しも効果があります。ほうれん草は鉄分が豊富に含まれています。ほうれん草のお浸しにゴマをまぶすと更にアトピー改善には効果が期待出来ます。

 

ゴマにはアトピー性皮膚炎の症状を緩和する物質が含まれています。また豆腐の味噌汁もタンパク質が豊富に含まれている為、オススメです。それと同時にお米と水分はしっかりと摂取して下さい。

 

反対にあまり食べない方が良い物もあります。揚げ物やポテトチップスなどの油っこい食べ物、レトルト食品、キムチなどの刺激物、コーヒーなどは良くないと言われております。

 

この様にアトピー性皮膚炎を食事によって改善するなら、和食がオススメです。でもあまりに考え過ぎると食べる物がなくなって来るので、「極力は」と言う意味合いで捉えても良いかと思います。

 

アトピー性皮膚炎で悩んでいる方の参考になれば、幸いです。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら