入浴 アトピー

入浴でアトピー対策

現在アトピー性皮膚炎で悩んでいるという人は多く、そのほとんどの人が原因も分からない状態で医療機関で治療を受けています。

 

アトピー性皮膚炎については、薬でいったん症状が落ち着いたとしても、ある日突然症状が再び出てしまうことも多いです。そのため強めの塗り薬などを使用し続けているために、かえって体に悪影響を及ぼすという懸念があります。

 

しかしアトピー性皮膚炎については、日常生活において少し気をつけるだけで改善する上に再発を予防することが可能です。

 

アトピー性皮膚炎ができやすい条件としては、お肌の乾燥が挙げられます。

 

お肌が乾燥していると荒れやすくなるうえに、かゆみを生じてしまうのでかいてしまうことでアトピー性皮膚炎の症状が悪化してしまうのです。お肌が乾燥する状況といえば空気が乾燥している冬の時期や、エアコンを使用している室内などさまざまなものが挙げられますが、最も乾燥しやすい状況となるのが入浴時です。

 

入浴時には体温よりも高い温度のお湯を使用するということもあって、どうしても体から水分が奪われやすくなってしまうのです。その際に特にお肌の弱い人はひどく体が乾燥してしまい、アトピー性皮膚炎を作りやすい状態になってしまうのです。

 

入浴時のお肌の乾燥を防ぐためには、使用するお湯の温度をできる限り下げることが重要になってきます。

 

大人の場合だと人によっては40度以上のお湯につかりたいという人も多いですが、お肌の弱い人または子どものことを考えると38度もしくは39度が比較的お肌に影響しにくい上に入っても寒さを感じない温度となっています。

 

またシャワーを使用する際にも38度か39度に設定してお湯がお肌の乾燥を作らないように気を付けるべきです。

 

お湯の温度に気をつけるだけでアトピー性皮膚炎が落ち着くことについては、全く関連性がないと思う人もいるかもしれません。

 

しかしアトピー性皮膚炎である人は同時にお肌の乾燥に悩まされていることが多いので、今までどんなに薬を使用しても、また別の方法でアトピー性皮膚炎を落ち着かせようとしてもできなかった人にはぜひ試してほしいものです。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら