アレルゲン対策

効果的な食事でアレルゲン対策

アレルギーやアトピーで悩まされている人は結構多いと思います。

 

アレルギーは体内のアレルゲンが元になって発症すると言われていますが、アレルギーを発症しやすい体質というものは遺伝的な要素が大きく影響しています。ならば対策のしようがないのかというとそんなことはありません。日々の生活習慣、特に食事を見直すことによってアレルギーを改善させる働きがあるのです。

 

まずアレルギー改善に効果的な食事として挙げられるのは乳酸菌を含んだものです。

 

乳酸菌にはTh1細胞を活発化させる働きが存在し、アトピー性皮膚炎の原因でもあるTh2とのバランスを保つ効果があるのです。

 

代表的なものでいうとヨーグルトやナチュラルチーズ・発酵バターなどが乳酸菌を多く含んでいますので、毎朝摂取することでアレルギー反応を抑えることが可能となるのです。

 

また納豆やキノコ類もTh1細胞とTh2細胞のバランスを正常にしてアレルギー反応を抑える食材といわれています。ただ注意しなければならないのは納豆には大豆アレルギーを持っている人は食べることができません。

 

このような場合はキノコ類などを摂取することで代替することが可能です。

 

そして一番気になるのはお肉や魚に関してではないでしょうか。お肉や魚には豊富なたんぱく質が含まれており体の生成には欠かせない成分とされています。

 

しかしこのたんぱく質は上手く分解することができない状態で腸などに吸収されてしまうとアレルギーの元となるアレルゲンとなってしまうのです。

 

ではお肉や魚は摂取できないかというとそんなことはありません。分解されたたんぱく質ならば全然OKなのです。つまり肉や魚を摂取する時には、胃や腸の調子が良くなければなりません。

 

胃でたんぱく質をきちんと分解しその上で腸に吸収されればアレルゲンとなる事もないのです。食物繊維などを摂取して胃の調子を上げておけば大丈夫です。

 

また分解されやすいたんぱく質で出来た食材も存在します。鯵や鰯などの青魚は豊富で分解されやすいたんぱく質を含んでいますので、こちらを意識的に食べればアレルギーを抑えつつたんぱく質を摂取することが可能です。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら