アレルギー 空気管理

アレルギー対策は空気管理が大事

アトピーにはいろいろな療法があります。引っ越す事によって水や空気の美味しいところで療養するという選択をする人もいます。

 

アトピーを改善するには環境療法はとても効果的ですが、あまり現実的とは言えません。経済的な問題が大きいからです。

 

仕事がなかったり、近代的な生活を送れないという不便さもあります。現在では、薬や食べ物や水はあるどこで生活していても手に入れることができます。では、新鮮な空気はどのように手に入れることができるのでしょうか?

 

 

現在では、空気清浄機と加湿器、エアコンの性能が年々高くなっています。アトピーは空気の質や温度そして湿度にとても敏感です。

 

きのこなどの菌類が湿度と温度を徹底管理されて所で栽培されているのと同じで、アトピーの症状を抑える湿度と温度にも適温があります。夏でならば、人間の肌に最適な温度は26度前後、冬は20度前後、湿度は共に45-65パーセントと言われています。

 

湿度に関して言えば、乾燥しすぎると肌を痛め、患部はぱさぱさになったりひび割れて出血してしまいます。逆に高すぎると、汗を出しにくなりカビなどの生育を促してしますので、悪い反応を引き起こしてしまう事があります。

 

それで、まず空気清浄機によりハウスダストやPM2.5、ダニ、ホコリなど目に見えない物質を取り除く事ができるようにしましょう。掃除機でいくら掃除したとしてもこのような物質は完全に取り除く事はできないので、是非家に数台置いておきたい家電です。

 

さらに、加湿器によって湿度を一定保っておくなら症状を改善することができます。アトピーにとって乾燥が一番やっかいです。冬にアトピーが悪化しやすくなるのはそのためです。

 

乾燥を避けるなら、必要以上に肌を触ったりクリームによる保湿でさえ、家の中ではいらなくなるかもしれません。できるだけ、自然な状態で症状を改善していくことができます。

 

エアコンは温度調整です。今では、湿度管理ができるエアコンもあるのでその機能を利用する事もできます。

 

 

設備費を投資する必要はありますが、人は一日の半分の時間を家で過ごします。

 

ですが、そのような家電製品もかなり浸透してきて値段が安いものもあるので、一度購入を検討するのもいいと思います。最後にひとつ。

 

ここであげた空気清浄機や加湿器やエアコンは自分で掃除する機能がついているとしても、定期的にフィルターを交感したり掃除することが必要です。

 

メンテナンスをきちんとしていれば、機器も長く使えますし、アトピーの症状が改善されるのをきっと見る事ができると思います。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら