花粉症 レンコン

レンコンで花粉症予防

花粉症に効く食べ物で注目を浴びているのが「レンコン」です。

 

なぜ、花粉症レンコンは効果があると言われるのでしょうか?

 

 

花粉症はアレルギーの一種になります。

 

アレルギーはその原因となる「アレルゲン物質」によって引き起こされます。

 

花粉症の場合は、アレルゲン物質の花粉(抗原)が体内に入ってきたことで体内が過剰に反応し、「igE」(抗体)を必要以上に作り出します。

 

この「igE」が多く生成されすぎるとアレルギーの症状が出てきます。

 

そのためこの「igE」を抑えることが出来れば、アレルギー症状は緩和されます。

 

 

レンコンに含まれるポルフェノールの一種である「タニタン」は、この「igE」の働きを抑制する効果があります。

 

れんこんにはこのタニタンが豊富に含まているため、花粉症の症状緩和の効果が期待できます。

 

また、腸内環境が乱れると、花粉症の症状は悪化すると言われます。

 

アレルゲン物質の花粉(抗原)に対して、「igE」(抗体)が過剰に反応するのは免疫力の低下から起こると言われます。

 

そのため免疫力を高めてあげることで、アレルギー症状を緩和することができます。

 

腸の中では免疫細胞が形成されていて、腸内環境が整っていればこの免疫細胞の効果も高まります。

 

レンコンには食物繊維も多く含まれています。

 

この食物繊維は便秘などの解消に効果があり、腸内の環境を改善してくれます。

 

よって、レンコンを摂取すると便通が良くなり、腸内環境が良くなり免疫細胞の効果が発揮されm花粉症の予防へとつながるということです。

 

また、レンコンに含まれている「ムチン」は鼻の粘膜を強くしてくれる働きがあります。

 

鼻の粘膜が強くなれば、アレルゲン物質の花粉(抗原)の体内への侵入を防いでくれます。

 

そのため、花粉症予防には効果的です。

 

 

このように、レンコンには花粉症に効く成分が多く含まれています。

 

レンコンは食べ物として摂取することはもちろん、すりおろしたレンコンを鼻の中に塗ってもその効果を発揮してくれます。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら