アトピー 食事

アトピーを食事で改善

つらいアトピーのかゆみは、なんとか早く治したいものです。そんなときは、薬以外にも有効な方法があります。

 

それは、普段の食生活を改善することです。

 

では、どのような食事がアトピー改善につながるのか、説明していきましょう。

 

まずは、ビタミンを多く摂ることです。

 

ビタミンが不足していると、肌の栄養も足りなくなるため、アトピーになりやすい状態をつくってしまいます。そのため、ビタミンを摂ることは、とても重要です。

 

そのためには、野菜を中心に食べるようにしましょう。

 

野菜に含まれるビタミンは、皮脂の分泌を正常にコントロールすることができるので、アトピー改善にはとても有効です。

 

他にも、豚肉やハムに含まれるビタミンB1、にんにくやレバーに含まれるビタミンB6、しじみや海苔に含まれるビタミンB12なども効果があるので、意識して食べるようにしましょう。

 

 

また、アトピーは油で悪化することがありますが、「オメガ3」という種類であれば、アトピー改善には有効です。

 

これは、オメガ3に「不飽和脂肪酸」が含まれているためです。

 

不飽和脂肪酸は溶けやすい性質をもっているので、通常の油のように、体内で固まることはありません。これにより、肌への負担を軽減することができるのです。

 

このオメガ3の油は、魚やしそ、えごま、亜麻仁などで摂取することができます。

 

ただし、オメガ3を摂取する際は、青魚に注意が必要です。

 

サバやイワシといった青魚はオメガ3が多いことで有名ですが、これらに含まれるアミノ酸は、かゆみの原因となるヒスタミンを発生させてしまうのです。

 

そのため、アトピーを改善するなら、青魚以外の魚を食べるようにしましょう。

 

 

そして、腸内環境を整える食事も効果が高いです。

 

腸内が健康に保たれていれば、アトピーを改善しやすい体質をつくることができます。

 

この腸内環境によい食べ物とは、大根やにんじん、ゴボウといった、土の中からとれるものです。

 

これらを積極的に食べれば、体内の汚れの排出を助けてくれます。また、食物繊維を多く含んでいるため、腸内の善玉菌を増やすことにもつながります。

 

このような食事に注意していれば、アトピーの症状は次第に緩和されていきます。

 

しかし、必要な栄養を摂るのは大切ですが、食べ過ぎには要注意です。消化器官が休む時間がなくなると、不完全な皮膚がつくられてしまうので、アトピーにはよくありません。

 

暴飲暴食にならないよう注意して、健康的な食事を心がけましょう。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら