アトピー 腸内環境

腸内環境を整えてアトピー改善

【アレルギーには様々なタイプがある】

 

アレルギーには、花粉症や食物アレルギー、アトピーなどを始めとして様々なタイプがあります。そのアレルギーはタイプ毎に分類されていて、T型からW型まであります。

 

分類によりアレルギー症状や軽度、重度など変わっていきます。

 

花粉症や食物アレルギー、アトピー、ぜんそくなどはT型に分類されていて、アレルギーの種類によっては、命に関わる重度な症状もあります。

 

【腸内環境を整えて体質改善】

 

腸内環境を整えることは、アレルギーの原因となる免疫力のバランスを整えることに繋がります。腸内環境を整えるには、腸内フローラのバランスを良くする必要があり、腸内に存在する善玉菌や悪玉菌、日和見菌などのバランスを整えることが必要となります。
中でも、善玉菌を増やすことが大切で増えることが、腸内環境を整えることになります。日和見菌は、優位な菌に属する特徴があるので悪玉菌が優位になれば、悪玉菌についてしまい腸内の環境は悪くなります。

 

善玉菌が優位になれば、日和見菌も善玉菌に属することになり、良い腸内環境になれます。善玉菌を増やす為に効果的なのが、乳酸菌を摂取することです。乳酸菌は、善玉菌を助ける働きがあるので、腸内に入れることで善玉菌優位の環境へと働きかけてくれます。
乳酸菌以外にも善玉菌の働きをサポートする成分があり、それは食物繊維やオリゴ糖です。また、オリゴ糖は腸内で乳酸菌のエサになるので乳酸菌の働きを助けることに期待ができます。

 

腸内環境を整えて免疫力バランスが保てれば、アレルギー改善に効果が期待できます。
腸内環境を悪くする原因には、ストレスや睡眠不足などもあります。それは、自律神経への影響が関係していて、自律神経には交感神経と副交感神経があり、これらがバランスを保つことで正常な状態を維持できます。

 

バランスが崩れると、腸内の環境も悪化してしまいアレルギーを悪化する原因にもなります。

 

【体質改善の為に】

 

アレルギー症状改善の為に、腸内環境を良くするように意識して善玉菌を増やし、ストレスを溜めないように心がけることが大切です。

 

また、睡眠不足も自律神経のバランスを崩すので規律正しい生活習慣も大切なポイントです。

 

 

アトピーを改善するために、食事制限をしたり、良いとされる食材等を取り入れたりする方も多いと思います。

 

確かにどのような食生活を送るか、どんな栄養を取るかも大切なことなのですが、まずは腸がキレイであることが最優先とも言われています。なぜならば、いくらバランスの良い食事をしていても肝心な腸が汚ければ、良い効果が得られないためです。

 

食事から得られた栄養は、腸で吸収し、体内に運ばれます。そして不必要なものは便として体外へ排出してくれるのも腸なのです。このような働きをする腸の中が汚れていると、摂取した栄養をきちんと吸収することが出来ないばかりか、吸収されたとしても汚れた腸からですので、どんどん血液も汚れてしまう結果を招いてしまいます。
では、どのように腸をキレイにしていけばよいのでしょうか。

 

まずは、いったん腸をリセットするための準備として、消化のしやすい順番に食事をすることに気をつけます。野菜から口にし、最後は肉や魚などにします。

 

このことで胃腸の負担がへり、腸内環境が改善されていきます。この食生活が習慣づいたところで、1日2食の食事に減らしていきます。これは、腸が休まる時間を作り出すためです。

 

1日3食とることが基本的な健康な食生活と言われていますが、いったん腸・血液をリセットするために実行してみてください。また、野菜を多くとることをお勧めします。

 

なぜなら水分がたっぷり含まれている生野菜を多めにとることで、必要な栄養素を補いやすくなるからです。夏野菜には身体を冷やす作用、冬野菜には身体を温める作用がありますので、健康的な身体づくりにもってこいなのです。

 

近年では、アトピー肌を改善するために、サプリメントであったり、水、クリームなど様々なものが多く出回っています。しかし、ここで新しくものを取り入れるのではなく、人間が本来待つ力を呼び戻すために、自分の身体と向き合うことも大切なのではないでしょうか。

 

開発の進む現代の力もかりつつ、体内・腸をきれいにすることでアトピー改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら