アトピー 和食

アトピー性皮膚炎には和食を

アレルギーの種類には食物による場合や、ハウスダスト等の微細な塵による物まで様々な原因が考えられますが、特に小さなお子様の場合大変気になるのはアトピー性皮膚炎等のアレルギーです。

 

このアトピー性皮膚炎を改善させるには、生活環境の改善と食生活の改善が必要とされておりますが、特に食生活改善で効果が高いとされている物が昔ながらの「和食中心の食生活」です。

 

 

先ず和食がアトピー性皮膚炎等のアレルギー症状の改善に良いとされる理由ですが、一番注目すべき点は「油を極力使わず料理する」と言う点です。

 

和食の場合基本的には「煮る、焼く、蒸す」が料理の基本にある為油を使用しない料理にする事が出来ます。

 

又、ご飯や、みそ汁、漬物、魚をメインにする和食の場合、みそ汁や漬物に多く含まれる乳酸菌によって、腸内環境が改善され免疫力を上げる事が出来るので、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状改善に効果が有ります。

 

一方魚には良質な油であるオメガ3脂肪酸が多く含まれており、血液をサラサラにし人の肌に潤いを与えてくれる効果が有ります。

 

特に魚は良質な油を摂る事が出来ると同時に、動物性のタンパク質も摂る事が出来ますので、毎日1食は摂り入れて行きたい食材です。

 

又、アレルギー改善に効果の高い和食に更にビタミンやミネラルを多く含んだ緑黄色野菜のメニューを加える事で、皮膚や粘膜の炎症を抑え、肌の痒みを抑え込んで行く事が出来ます。

 

 

現代の食生活は欧米化が進んだと言われ、若者を中心に洋食中心の食生活になっております。

 

油を多く使用する洋食中心の料理の場合、どうしても糖質などが多くなってしまい、結果として身体を冷やし、身体の痒み等を増幅させてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

アトピー性皮膚炎の改善には、とにかくビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み、油の少ない食事にして行く事が大切です。是非、和食の良さを確認頂きご家庭の食生活を見直して見て下さい。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら