ダニ アレルギー

ダニ対策でアレルギー予防

今年も雨の季節がやって来ましたね。ジメジメ、ムシムシとしたこの時期、私たち人間は不快な気分になりますが、そんな時期が大好きで、活発になる厄介な生き物がいます。何だか分かりますか?それはダニです。

 

高温多湿な環境を好む彼らにとって梅雨は最適な季節です。喘息やアトピー、鼻炎など様々なアレルギーの原因となるのでダニが爆発的に増殖するこの時期こそしっかりとした対策をしなければなりません。

 

今回はダニアレルギーの関係、布団のダニ対策についてまとめていきたいと思います。

 

 

ダニは気温20度以上、湿度60%以上の環境を好み、一匹のダニが1日1個の卵を産むと言われています。数匹のダニが数万匹にも増殖してしまいます。布団やじゅうたん、畳、ぬいぐるみなど家の中のあらゆる場所に住み着きます。特にダニが繁殖しやすい場所が布団です。

 

ダニはアカやフケを餌としています。人間は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われますから食べ物があり高温多湿な布団はダニにとってまさにパラダイスの様な場所です。

 

 

では、どうやって布団のダニを減らせばよいのでしょうか?
ダニは生命力が強く、洗濯(水につけても)したり、天日干しをしても死ぬことはほとんどありません。

 

ポイントは温度と湿度、除去です。ダニは温度が50℃以上で20分間、湿度が55%以下になると活動が低下します。布団を天日干ししても表面温度はくなりますが、布団の中や裏側は温度が低くダニはそちらへ逃げてしまう為、ただ干すだけでは効果がありません。

 

そこでおすすめなのが黒い布をかぶせる事です。こうすると布団の内部まで高温になるのでダニの逃げ場が無くなります。2時間くらいしたらひっくり返して両面に日が当たる様にしましょう。

 

よくやってしまうのが取り込む前に布団を叩く行為です。これはダニの死骸や糞を細かくしてしまいますので良くありません。実はダニ本体よりもその死骸や糞はアレルギーの原因になりやすいことが分かっています。

 

布団が干せない場合は布団乾燥機を使用したりコインランドリーで布団を丸洗いし、高温乾燥機にかけるのも有効です。

 

ダニを死滅させた後はしっかりそれを除去しないといけません。掃除機をかけて布団についたダニの死骸や卵を除去しましょう。普通に掃除機をかけても除去しづらいのでその際には布団専用のノズルを使うとより効果的です。

 

 

いかがでしたか?ダニは様々なアレルギーの引き金となります。アレルギー性鼻炎の人の9割近くがダニにもアレルギーを示すと言われるほどです。現在、何かしらのアレルギーで悩んでいて、症状がなかなか改善しないという方はまず、布団のダニ対策を始めてみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら症状が軽くなるかもしれませんよ。現在、アレルギーではない人もぜひ参考にしてみて下さい。

 

アレルナイトプラスの口コミはこちら